家電リサイクル法実施により家庭用の電化製品のリサイクルは当たり前になり廃棄物ではなく資源、宝になりました。資源である以上、有効利用しなければ意味がありません。廃棄物ならリサイクル料金がかかり、大量の家電製品を処分しなければならない引越しやリフォーム時には、大変な費用になってしまいます。処分するより買取ってもらう方が大変にお得なのは誰でもお分かりでしょう。ただ、日本人は自分が使用した、ましてや、家庭でいかったモノをお店に持っていってチェックしてもらうという行為はあまり好きではないようです。