おもちゃ・玩具・趣味

大切なロードバイクを高く売る方法を解説

ロードバイクを賢く処分する方法

趣味や通勤のためにロードバイクを購入する方が増えています。高額な値段がする分、安全性が高く乗り心地も抜群となっており、愛用者は年々増えている状況です。定期的にメンテナンスを行うことで長年にわたり、快適に乗り続けることができます。

しかし、年数とともに劣化が目立つようになってしまう場合や人によっては最新モデルの新製品を購入したいと思っている方もいるのではないでしょうか。このような場合、処分する方が大半ですが自治体に回収してもらう際には、粗大ゴミ扱いとなるため、高額な費用がかかってしまいます。

そんな中、無駄なお金を支払うことなく大切に愛用してきたロードバイクを売る方法として買取サービス人気を集めています。ロードバイクは、状態がよいものや人気モデルの場合、高額な値段が付くこともあるので、粗大ゴミとして捨ててしまう前に買取業者に査定してもらうことが欠かせません。実際に査定してもらった方の中には、思っていた以上の買取額が付いたと喜びの声を寄せている方もいます。損をすることなく妥当な金額でロードバイクを売るなら少しでも高く売る方法を知り、買取業者に査定してもらうこともお得に処分する方法です。

ロードバイクを買い取ってもらう方法は?

現在、中古のロードバイクを売却する方法はリサイクルショップに持ち込むだけではありません。以前は、不用品の買取というとリサイクルショップを思い浮かべる方が大半でしたが、わざわざ店舗に自分で重いロードバイクを持ち込まなくても買取業者に自宅まで出張してもらうこともできます。

力のない女性や高齢の方にも安心のサービスとなっており、誰でも気軽に利用することが可能です。出張買取専門業者を利用してロードバイクを売るなら、まずは事前に必要書類を用意しておきましょう。中古であってもロードバイクを売る際には、保証書や販売証明書などの書類が必要になります。

このほかにも譲渡証明書や防犯登録証の控えのほかにも身分証明書を用意しておかなければいけません。中には、必要な書類を用意しなくても査定を行い買い取ってくれる業者もありますが、これは違法にあたります。安心安全にトラブルなくロードバイクを売るなら正しい方法で買取を行ってくれる買取業者を選ぶようにしましょう。

メーカー名や年式を確認しておくことも大切

少しでも高くロードバイクを売るために査定を行う前にメーカー名や年式を確認しておくことが欠かせません。また、製品名や型番も把握しておくとスムーズに査定士に鑑定を依頼することができます。電話やメールで問い合わせる際にロードバイクの基本情報を聞くところもあるため、慌てずに対応できるように事前に確認しておくとよいでしょう。

ロードバイクの基本情報がわかっていれば、電話やメールで買取業者に問い合わせた際におおよその査定額を知ることもできます。無駄な時間を使うことなく不用品を売りたいという方は、まずは基本情報をチェックすることから始めてみてください。

ロードバイクを高く売るコツ

ロードバイクは、人気のメーカーや製品であれば高く売れる傾向がありますが、さらにサビや汚れが目立たないことも高額買取が期待できる条件です。どんなに人気のメーカーや製品であっても外観の状態が悪ければ高く売ることは難しくなってしまいます。

ロードバイクのサビや汚れが気になる場合には、簡単でよいので掃除をしておくようにしましょう。また、定期的にメンテナンスを行い丁寧に乗ってきたものであれば問題はありませんが、査定前には必ずきちんと正常に動作するかを確認してみることが大切です。長年にわたり乗っていないロードバイクは、正常に動作しない可能性もあります。

万が一、正常に動作しない場合でも、とりあえず査定をしてみることをおすすめします。買取業者には、ロードバイクの専門的な知識を持ったプロのスタッフが在籍しています。動かなくなってしまったロードバイクであってもどのように対処すべきか正しい答えを知っているので、安心して相談することができるでしょう。

査定を行う際の注意点

ロードバイクを売却する際には、査定を行う前に必ず防犯登録を取り消しておかなければいけません。
自身が行った防犯登録を抹消しないまま査定を行ってしまうと相場よりも買取額が下がってしまうこともあるので要注意です。

さらにロードバイクの付属品がある場合は、一緒に用意しておくとよいでしょう。中には、価値の高いパーツが入っている可能性もあるので、少しでも高く売るために付属品の有無を確認しておくことが欠かせません。

まとめ

ロードバイクは、ほかの不用品と違い、事前に準備しておかなければいけないことがたくさんあります。売却するために必要な書類を用意するだけでなく、査定額がアップするようにサビや汚れを落としておき、正常に動作するかを確認しておきましょう。