家電・電化製品

大阪で冷蔵庫を高く売る方法

大阪で冷蔵庫を高く売る方法

相場というのはモノの平均的な金額であり、平均ゆえに各社によって金額は変わります。たとえば買取額が2,000円と1万円の会社があった場合、相場は6,000円になるわけです。それゆえ相場で売却できれば成功ではなく、相場以上で売却する工夫をする必要があります。
冷蔵庫は売却する前に汚れを落としておけば外観がよくなりますが、査定額には大きく影響してこないでしょう。査定は基本的に減点方式となっているため、キズや汚れなどがある場合はマイナスになりますが、綺麗であることは当たり前のみなされるためです。査定で重要なポイントとなるのは、新品の状態にいかに近いかです。つまり普段から大切に使用することが、査定時に高額評価を勝ち取るためのコツとなります。

 

冷蔵庫の価値は時間に比例します

冷蔵庫を高く売るために一番確実なのは、早めに売却することになります。
夏場や引っ越しシーズンなどは中古冷蔵庫の需要が高まりますが、製造から5年以上経過した冷蔵庫は価値がかなり下がってきます。買取店によっては値段がほとんど付かないケースもあるので、早めに売却するのが得策です。
冷蔵庫が故障したときの予備として古い冷蔵庫を置いている人は多いですが、冷蔵庫は古くなるほど電気代が高く付きます。
電気代を抑えるためには、10年サイクルで買い替えするのが好ましいです。最新タイプほど省エネになっており、電気代を節約するために役立ちます。現在1万円の価値がある冷蔵庫は、来年になって1万円超の金額になることはありません。
1万円未満にまで下がりますから、早めに売却するのが得策なのです。電気製品は家具よりも、経年による価値の低下が著しくなります。家具ならば古くても高額で売れることが多いですが、電気製品は時間に比例して価値が大きく下がります。いずれ売却するならば、今ほどベストなタイミングはありません。モノは保管しておくだけで汚れてくるので、それによる価値低下も無視できません。冷蔵庫の場合は電気製品の中でも、特に早く売却するのが得策です。

買取実績の多い業者に依頼する

買取実績が豊富にある買取業者は、査定士の査定技術が優れています。適切に査定をして値を付けてくれるので、相場より高くなることが多いです。高額査定が出るかどうかは、査定士の腕前にかかっています。実績の少ない査定士だと、金額を相場より低くしてくることが多いです。
査定の技術を磨くためには、たくさんの査定実績を積み重ねていく必要があります。それゆえ冷蔵庫を売却するなら、ベテラン査定士が多くいる会社を利用するのが得策でしょう。どこに売却しても同じと考えてしまうと、損をするので注意してください。

買取業者と交渉すれば値が上がる?

大阪府で冷蔵庫を買取業者に売るときは、金額交渉をしてみる価値があります。交渉によって少し値が上がるケースはありますので、あくまで対等な立場を意識しながら交渉してみましょう。高圧的な態度に出てしまうと、互いの関係を悪化させかねません。
相手への心証を悪くしてしまうと、逆に安値を提示される可能性があります。お互いに気持ちよく売買する状況が好ましいですから、無理な要求をしないのがコツです。ただ何もしないと足元を見られる可能性がありますので、複数の業者での売却を検討していることを伝えてみるのはアリです。これにより査定額が数千円アップするケースはありますので、ライバル業者を設定しておくのはアリです。

冷蔵庫も含めた不要な電気製品をすべて処分する

家で使っていない不要は電気製品があるなら、まとめて処分するのがおすすめです。1点ずつ3回に分けて売却するよりも、1回で3点を売却した方が高値が付くと考えてください。大掃除や引っ越しのタイミングで売却するのがおすすめで、部屋を広くしてスペースを有効活用するためにも役立つでしょう。電気製品は下取りに出すよりも、買取の方が高値が付くのが普通です。
電気製品の買取強化をしている会社に売却すれば、相場以上の金額で売れる可能性が高いです。

まとめ

ちょっとした工夫をすることで、冷蔵庫をより高く売れるようになります。
そのためには相場より高く売ることを常に意識してみてください。あとは売却する時期がポイントで、これは早ければ早いほどお得になります。電気製品は原則として経年によって価値が低下するので、自宅で眠らせておいて価値が上がることはありません。
査定で少しでも高値を引き出すためには、買取業者の実績や査定士の経験などを重視しましょう。実績がある会社ほど本来の適正価格で買取してくれます。値を上げるためには金額交渉が役立ちますが、過度の交渉は逆効果になることがあります。あくまで対等な立場を意識して交渉するのが、円滑に進めるコツです。家に使用していない電気製品がたくさんある場合は、まとめて売却すると1点あたりの金額が上がりやすいでしょう。