赤堀光希

リサイクルを通じてお客様の思い出の架け橋に!

この仕事で自分はゴミを限りなく無くすことを目指しています。大切な思い出の家電家具などは、一派的には粗大ゴミなどで捨てるお客様が多いともいます。

少しでも思い出の物が次の思い出の物となり架け橋になれればと考えいます。また、この仕事を選んで本当に良かったと思う瞬間はお客様に『ありがとう』と言われる時ですね。お客様から他のリサイクル業者に全てゴミと言われましたなど、悲しい言葉を聞きます。そんなときに僕たちが買取させていただいた時の言葉が1番やりがいがあります。